Laravel6.x with XServer でログイン機能を実装する

スポンサーリンク
WEB開発

Laravel6.xでログイン機能を実装します。

Laravelではある程度のログイン機能をコマンドで自動的に作成してくれます。

Laravelのドキュメントをみてみましょう。

App\Http\Controllers\Auth名前空間下に多くの組み込み済み認証コントローラがLaravelにより用意されています。RegisterControllerは新ユーザーの登録、LoginControllerは認証処理、ForgotPasswordControllerはパスワードリセットのためのメールリンク処理、ResetPasswordControllerはパスワードリセット処理を行います。各コントローラは必要なメソッドを含むトレイトを使用しています。多くのアプリケーションでは、これらのコントローラを変更する必要は全くありません。

https://readouble.com/laravel/6.x/ja/authentication.html

パスワードを忘れた人に対する対応まで作成してくれるのでこれだけあれば十分でしょう。

では早速組み込んでみましょう。まだLaravelのプロジェクトを作成していない方は以下の手順にそって作成してみてください。

クイックスタート

以下のコマンドをプロジェクトのルートで実行してください。

composer require laravel/ui --dev
php artisan ui vue --auth

これで認証機能とそのためのビューが自動的に作成されます。

successfully と表示されたら無事完了です。

実際にサイトにアクセスしてみましょう。

右上部にLogin Registerのボタンが追加された
画面右上部に新たにボタンが追加されている。

右上のLOGINボタンを押してみましょう。

すると以下のようにスタイルが反映されていない場合があります。そのようになった場合は以下のコマンドを実行して画面を更新してみましょう。

スタイルが反映されていない
npm install
npm run dev

Registerのページはユーザー作成のページになります。自分のユーザーを作成したりして動きを確認してみてください。

ちなみにログイン後は /ルートフォルダ/resources/views/home.blade.phpの内容が表示されます。

以上でログイン機能の追加は完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました