初心者でもできるやさしいLaravel入門 Part.1 (laravel 8.x)

スポンサーリンク
WEB開発

インストール

PHPのインストール

laravelを使用するためにはPHPという言語を使います。これを使うためにはインストールする必要があります。

Windowsの場合

PHPインストールの事前準備

PHPをインストールするための要件として他の物をインストールする必要があります。

PHP は Visual C ランタイム (CRT) を必要とします。これを必要とするアプリケーションは多いので、おそらく既にインストールされているでしょう。PHP 5.5 および 5.6 が必要とするのは VC CRT 11 (Visual Studio 2012) です。» https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=30679 を参照ください。PHP 7.0 と 7.1 が必要とするのは VC CRT 14 (Visual Studio 2015) です。 PHP 7.2, 7.3 および 7.4 が必要とするのは VC CRT 15 (Visual Studio 2017) です。 Microsoft Visual C++ Redistributable for Visual Studio 2019 はこれら全ての PHP バージョンに適合します。 » https://visualstudio.microsoft.com/downloads/ を参照してください。

[PHPマニュアル -インストール要件-] https://www.php.net/manual/ja/install.windows.requirements.php

記載の通り以下のサイトにアクセスします。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2977003/the-latest-supported-visual-c-downloads

上記でダウンロードした[VC_redist.x64.exe]を実行します。

VCのインストールは特別な操作は必要ありません。表示に従ってインストールしましょう。

PHPのインストール

PHPのインストールするためのファイルをダウンロードするためにhttps://windows.php.net/download/ にアクセスしましょう。

最新のものをダウンロードしたいので、一番上にあるバージョン(PHP7.4)を選択します。

いろいろありますが、今あるパソコンはおそらく64bitなのでVC15 x64 Thread Safeを選びます。

今回はZipファイルをダウンロードしましょう。

PHP7.4は2020/10/20時点で最新です。インストールする時期によっては8.0が出ているかもしれませんがその時はそれを選択してください。

ダウンロード出来たら以下のことをしていきます。

  1. Zipファイルを解凍する
  2. 解凍したフォルダの名前を[php]にする
  3. 2のフォルダをC:\に配置する
  4. 環境変数にパスを追加する

4は初心者には少し難しいかもしれないので少し詳しく説明します。

1,2,3は簡単だと思いますので説明は割愛します。

3まで完了すると画像のような状態になると思います。このようになれば後は書いてある通りに作業を行ってください。

スタートメニューを右クリック→システム関連設定→システム情報

システムの詳細設定をクリック

環境変数をクリック

Pathを選択して編集ボタンを押す。

新規ボタンを押して「C:\php\」を入力します。

ここまで来たらPHPのインストール確認を行います。

コマンドプロンプトを開いて以下のコマンドを入力します。

php -v

上記のようにバージョンが表示されたら成功です。

Composerのインストール

Laravelを始める前に、Composerをインストールする必要があります。

以下のサイトにアクセスしましょう。

Composer
A Dependency Manager for PHP

このサイトに書いてある4行をコマンドプロンプトで実行しましょう。

php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
php -r "if (hash_file('sha384', 'composer-setup.php') === 'c31c1e292ad7be5f49291169c0ac8f683499edddcfd4e42232982d0fd193004208a58ff6f353fde0012d35fdd72bc394') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
php composer-setup.php
php -r "unlink('composer-setup.php');"
エラーが起こる場合

上記のコマンドを実行すると以下のようなエラーが出ることがあります。

Unable to find the wrapper “https” – did you forget to enable it when you configured PHP? in Command line code on line 1

出てくるエラー

これはphp.iniの設定が正しく行われていないため以下のように変更が必要です。

  1. c:\php\にphp.iniがあるかどうか → なければphp.ini-developmentをコピーしてphp.iniを作成する
  2. php.iniの中で”ssl”で検索し以下の記述があれば変更する
;extension=php_openssl.* 
↓
extension=php_openssl.*

実行して次のようなメッセージが出たら成功です。

All settings correct for using Composer
Downloading...
Composer (version 1.9.1) successfully installed to: /home/uedive/composer.phar
Use it: php composer.phar
composerコマンドを使えるようにする

windowsの場合このままではcomposerとコマンドプロンプトに入力しても動きません。

やるべきことは2つです。

  1. インストールで作成されたcomposer.pharc:\php\フォルダに移動させる
  2. c:\php\フォルダにcomposer.batを作成する

2のcomposer.batの内容は以下のようにして下さい。

echo @php "%~dp0composer.phar" %*>composer.bat
laravelをインストールする

それではlaravelのインストールに戻りましょう。

laravelインストーラをダウンロードします。

composer global require laravel/installer

すると以下のように出力されます。

Changed current directory to /home/[サーバID]/.config/composer
Using version ^3.0 for laravel/installer
./composer.json has been created
Loading composer repositories with package information
Updating dependencies (including require-dev)
Package operations: 14 installs, 0 updates, 0 removals
  - Installing symfony/process (v5.0.1): Downloading (100%)         
  - Installing symfony/polyfill-ctype (v1.13.1): Downloading (100%)         
  - Installing symfony/filesystem (v5.0.1): Downloading (100%)         
  - Installing psr/container (1.0.0): Downloading (100%)         
  - Installing symfony/service-contracts (v2.0.1): Downloading (100%)         
  - Installing symfony/polyfill-php73 (v1.13.1): Downloading (100%)         
  - Installing symfony/polyfill-mbstring (v1.13.1): Downloading (100%)         
  - Installing symfony/console (v5.0.1): Downloading (100%)         
  - Installing ralouphie/getallheaders (3.0.3): Downloading (100%)         
  - Installing psr/http-message (1.0.1): Downloading (100%)         
  - Installing guzzlehttp/psr7 (1.6.1): Downloading (100%)         
  - Installing guzzlehttp/promises (v1.3.1): Downloading (100%)         
  - Installing guzzlehttp/guzzle (6.5.0): Downloading (100%)         
  - Installing laravel/installer (v3.0.1): Downloading (100%)         
symfony/service-contracts suggests installing symfony/service-implementation
symfony/console suggests installing symfony/event-dispatcher
symfony/console suggests installing symfony/lock
symfony/console suggests installing psr/log (For using the console logger)
guzzlehttp/psr7 suggests installing zendframework/zend-httphandlerrunner (Emit PSR-7 responses)
guzzlehttp/guzzle suggests installing psr/log (Required for using the Log middleware)
Writing lock file
Generating autoload files
エラーが出る場合

以下のようなエラーが出てくる場合もphp.iniを編集します。

Problem 1 – laravel/framework v5.8.9 requires ext-mbstring * -> the requested PHP extension mbstring is missing from your system.

出たエラー
;extension=mbstring
↓
extension=mbstring
スポンサーリンク

プロジェクトを作成する

composerコマンドで新しいプロジェクトを作成しましょう。

今回はmyprojectというプロジェクト名で作成します。

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel myproject

エラーが出なければ成功です。

ページを表示する

cd myproject
php artisan serve

上のコマンドをコマンドプロンプトに打ち込みます。その後下のURLにアクセスしてみてください。

http://localhost:8000/

これで成功です!

とりあえずのインストールができたので次回からはプログラムを組んでいきましょう。

暇な時間にU-NEXT

今なら無料1ヶ月無料トライアル600円分の有料コンテンツを使えるチャンス!

見放題作品が31日間無料で視聴可能最新作はレンタル配信!

600円分のポイントプレゼント!DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や最新コミックの購入に使用可能

 

追加料金なく、80誌以上の雑誌が読み放題

WEB開発
スポンサーリンク
uediveをフォローする
SEの休日

コメント

タイトルとURLをコピーしました