現役SEがおすすめするWordPressを使うためのレンタルサーバーランキング

スポンサーリンク
WEB開発

はじめに

今やブログといえば”WordPress”というようになりましたね。

ブログや趣味の発信、お店のホームページ作成でWordPressを使うために必要なレンタルサーバーはどれがいいのかを現役SEである私から教えます!

おすすめの基準

そもそもサーバーは本来レンタルする必要はなく自前で用意することもできます。

しかしそれには莫大な金額と知識が必要です。これを全て理解しようとすると一生ホームページ作成なんてできません。

それを解消するためにレンタルサーバーを使うのですから重要なのは使いやすさです。

使いやすくなければレンタルしている意味がありません。

サーバーをレンタルする目的がWordPressのみであれば今回おすすめするレンタルサーバーをおすすめしています。

特別な操作なくWordPressを使えるような仕組みが用意されているためです。

ではおすすめランキングいきましょー!

おすすめレンタルサーバー

【国内シェアNo.1】XSERVER(エックスサーバー)

レンタルサーバーの登録をするとドメインが一つ無料でもらえるサービスをやっている場合があります。マニュアルも充実しており文句なしです。
レンタルサーバーにおいて一番大事なのは使いやすさだと思います。エックスサーバーは操作が簡単で使いやすいです。
・.comや.netなどの定番ドメインが年額200円から(税抜)のお手ごろ価格で取得可能
・ドメイン一括取得&自動更新機能でドメインを簡単管理
・DNSレコード設定機能で、より柔軟なドメインの利用が可能
・Whois情報代理公開機能に無料対応

安さの「ロリポップ!」レンタルサーバー

2位はロリポップです。
一番安いWordPressを使えるプラン(ライトプラン)では月額250円〜という破格。
お試しや趣味の発信レベルのものであれば十分です。
また、困ったときでも24時間365日のサポートを受けることができるプランもあります。

さくらのレンタルサーバー

3位はさくらインターネットです。

選ばれ続けて100万申し込み突破!
「さくらのレンタルサーバ」

ご利用の8割を占める一番人気のプランは
月額524円でWordPressが使えるスタンダードプラン。

高性能ハードウェアの導入や機能リニューアルにより、速度が大幅に向上。快適にご利用頂けます。
また、サイトのバックアップとテスト環境を簡単に作成できる「バックアップ&ステージング機能」や「モリサ
ワWebフォント」も便利な機能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

いろんなサービスが増えてきています。

決める基準はいくつかありますが

国内シェアNo.1だったり、値段で決めたり、それぞれの使い方に合わせて決めてください。

特にこだわりがなければXServerで問題はないと思います。

それぞれには無料のお試し期間もあるので試してみてください。

以上です!

暇な時間にU-NEXT

今なら無料1ヶ月無料トライアル600円分の有料コンテンツを使えるチャンス!

見放題作品が31日間無料で視聴可能最新作はレンタル配信!

600円分のポイントプレゼント!DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や最新コミックの購入に使用可能

 

追加料金なく、80誌以上の雑誌が読み放題

WEB開発
スポンサーリンク
uediveをフォローする
SEの休日

コメント

タイトルとURLをコピーしました