【Laravel8.x】 カスタムコマンドを使う 作成編[Hello World]

スポンサーリンク
WEB開発

勉強にお勧めの本

書籍でプログラミングの勉強をするのはいい選択です。独学でまずは何から始めたらいいかわからないときは書籍で勉強してみましょう。

Laravel開発の自動化をしてみたいのでカスタムコマンドを作成してみたいと思います。

早速やっていきましょう。

カスタムコマンドを作成する

新しいコマンドを作成するには、make:command Artisanコマンドを使用します。このコマンドは、app/Console/Commandsディレクトリに新しいコマンドクラスを作成します。このディレクトリがアプリケーションに存在しなくても心配しないでください。make:command Artisanコマンドを初めて実行したとき、このディレクトリを作成します。

https://readouble.com/laravel/8.x/ja/artisan.html

ドキュメントに書いてある通り、make:command を使用して独自コマンドを作ります。

今回はテストのためのコマンドを作成したいので以下のコマンドを打ち込みましょう。

※TestCommandの部分は好きな名前にしてください。

php artisan make:command TestCommand

[Console command created successfully.]と表示されたら成功です。

[プロジェクトフォルダ]\app\Console\Commands 配下にTestCohmmand.phpが作成されているはずです。

作成されたファイルの内容

<?php

namespace App\Console\Commands;

use Illuminate\Console\Command;

class TestCommand extends Command
{
    /**
     * The name and signature of the console command.
     *
     * @var string
     */
    protected $signature = 'command:name';

    /**
     * The console command description.
     *
     * @var string
     */
    protected $description = 'Command description';

    /**
     * Create a new command instance.
     *
     * @return void
     */
    public function __construct()
    {
        parent::__construct();
    }

    /**
     * Execute the console command.
     *
     * @return int
     */
    public function handle()
    {
        return 0;
    }
}
スポンサーリンク

Hello Worldしてみよう

コマンドファイルができたら実行して「Hello World!」と出力させてみましょう。

コマンドを実行するための設定

コマンドを生成した後に、クラスのsignatureプロパティとdescriptionプロパティに適切な値を定義する必要があります。

https://readouble.com/laravel/8.x/ja/artisan.html

ドキュメントにあるようにいくつかの設定をします。

① php artisan signatureプロパティ のように実行することになるので今回はここだけ修正します。

※descriptionプロパティはlistコマンドで一覧表示された時の説明文になるので今回は設定せずそのままの値にします。

signatureプロパティの設定

<?php

namespace App\Console\Commands;

use Illuminate\Console\Command;

class TestCommand extends Command
{
    /**
     * The name and signature of the console command.
     *
     * @var string
     */
    //protected $signature = 'command:name'; ここを変更する。
    protected $signature = 'test:command';

    /**
     * The console command description.
     *
     * @var string
     */
    protected $description = 'Command description';

    /**
     * Create a new command instance.
     *
     * @return void
     */
    public function __construct()
    {
        parent::__construct();
    }

    /**
     * Execute the console command.
     *
     * @return int
     */
    public function handle()
    {
        return 0;
    }
}

今回はsignatureプロパティを”test:command”としました。こうすることにより以下のコマンドで実行することができます。

php artisan test:command

Hello Worldを表示させる

コマンドが実行できるようになったので実際に「Hello World!」を表示しましょう。

laravelのコマンドでは以下のようなメソッドでコンソールに文字を出力することができます。

各メソッドの出力結果
出力タイプ説明
lineコンソールに通常のテキストを表示
infoコンソールに緑色のテキストを表示
commentコンソールに黄色のテキストを表示
questionコンソールに青背景のテキストを表示
errorコンソールに赤背景のテキストを表示
表:メッセージのタイプとその説明

Hello Worldを出力するソース

<?php

namespace App\Console\Commands;

use Illuminate\Console\Command;

class TestCommand extends Command
{
    /**
     * The name and signature of the console command.
     *
     * @var string
     */
    //protected $signature = 'command:name'; ここを変更する。
    protected $signature = 'test:command';

    /**
     * The console command description.
     *
     * @var string
     */
    protected $description = 'Command description';

    /**
     * Create a new command instance.
     *
     * @return void
     */
    public function __construct()
    {
        parent::__construct();
    }

    /**
     * Execute the console command.
     *
     * @return int
     */
    public function handle()
    {
        $this->line('$this->line()で出力:' . "Hello World!");
        $this->info('$this->info()で出力:' . "Hello World!");
        $this->comment('$this->comment()で出力:' . "Hello World!");
        $this->question('$this->question()で出力:' . "Hello World!");
        $this->error('$this->error()で出力:' . "Hello World!");
       
       
        return 0;
    }
}

それではコマンドを実行してみましょう!

php artisan test:command

こんな感じで出力されたら成功です!お疲れさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました