【ExcelVBA】デフォルトの書式以外を削除するマクロ

スポンサーリンク
プログラミング
Set objExcel = CreateObject("Excel.Application")
objExcel.Visible = True

For Each strFname In WScript.Arguments
    Set objDoc = objExcel.Workbooks.Open(strFname)
    ' clear all names (comment out)
    For Each N In objDoc.Names
''      N.Delete
    Next
    ' clear all user style
    For Each S In objDoc.Styles
        If Not S.BuiltIn Then
            n Error Resume Next
          S.Delete
          On Error GoTo 0
        End If
    Next
    objDoc.Save
    objDoc.Close
    Set objDoc = Nothing
Next

objExcel.Quit
MsgBox "処理完了"
WScript.Quit

上記のプログラムを.vbsファイルとして保存してそのファイルにドラッグアンドドロップすることで起動します。

Set objExcel = CreateObject("Excel.Application")
objExcel.Visible = True

For Each strFname In WScript.Arguments
    Set objDoc = objExcel.Workbooks.Open(strFname)
    ' clear all names (comment out)
    For Each N In objDoc.Names
''      N.Delete
    Next
    ' clear all user style
    For Each S In objDoc.Styles
        If Not S.BuiltIn Then
            S.Delete
        End If
    Next
    objDoc.Save
    objDoc.Close
    Set objDoc = Nothing
Next

objExcel.Quit

暇な時間にU-NEXT

今なら無料1ヶ月無料トライアル600円分の有料コンテンツを使えるチャンス!

見放題作品が31日間無料で視聴可能最新作はレンタル配信!

600円分のポイントプレゼント!DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や最新コミックの購入に使用可能

 

追加料金なく、80誌以上の雑誌が読み放題

プログラミング
スポンサーリンク
uediveをフォローする
SEの休日

コメント

タイトルとURLをコピーしました