Laravel 6.xをXServer(エックスサーバー)で使う 各種設定編

スポンサーリンク
WEB開発

インストール編でプロジェクトの準備ができました。

プロジェクトが完成したら次は各種設定を行っていきましょう。(DBの接続先やらプロジェクト名やら)

作成したプロジェクトの中身を見てみると以下のようになっているはずです。SSH接続して直接確認するか、ファイルマネージャーにログインして確認してみましょう。

プロジェクトルート
┣app
┣bootstrap
┣config
┣database
┣public
┣resources
┣route
┣storage
┣tests
┣vendor
┣.editorconfig
┣.env
┣.env.example
┣.gitattributes
┣.gitignore
┣.styleci.yml
┣README.md
┣artisan
┣composer.json
┣composer.lock
┣package.json
┣phpunit.xml
┣server.php
┗webpack.mix.js

データベース設定

データベースの設定ファイルは[config/database.php]にあります。

一部抜粋しますがこのファイルでは.envファイルから設定値を読み込んでいて、設定値がないときの初期値を入力できるようですね。

//......
'host' => env('DB_HOST', '127.0.0.1'),
//......

ざっくり解説すると.envファイルにDB_HOSTが設定されていればその値、なければlocalhost(127.0.0.1)に設定されます。

今回は.envで設定するのでこのファイルは触らないようにしましょう。

.envファイルを編集する

DBの設定、アプリケーション名の設定などをしましょう。

.envファイルは作成したプロジェクトの直下にあります。

最低限書き換えるものは以下です。

APP_NAME=[アプリ名]
APP_DEBUG=[デバッグ情報を表示するかどうか]
//・・・
DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=[XServerで確認]
DB_PORT=[XServerで確認]
DB_DATABASE=[XServerで確認]
DB_USERNAME=[XServerで確認]
DB_PASSWORD=[XServerで確認]

APP_DEBUGは様々な情報が表示されるため、本番環境では[false]にしておきましょう。

[XServerで確認]となっているものはサーバーパネル>データベース>MySQL設定で確認します。

タイムゾーンを日本標準時に変更する

laravelではタイムゾーンはデフォルトでUTC(協定世界時)になっています。特別な理由がなければ日本標準時でいいので書き換えておきましょう。

//'timezone' => 'UTC',
'timezone' => 'Asia/Tokyo',

HTTPS化

HTTPS化はもはや必須になっています。必ず対応しましょう。

RewriteEngine On を以下の3行に変更します。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

暇な時間にU-NEXT

今なら無料1ヶ月無料トライアル600円分の有料コンテンツを使えるチャンス!

見放題作品が31日間無料で視聴可能最新作はレンタル配信!

600円分のポイントプレゼント!DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や最新コミックの購入に使用可能

 

追加料金なく、80誌以上の雑誌が読み放題

WEB開発
スポンサーリンク
uediveをフォローする
SEの休日

コメント

タイトルとURLをコピーしました